買い物

買い物の帰り道

27日 午後 買い物の帰り 私が住む山間の村にも そして うちから車で30分の 図書館や道の駅がある所も 田んぼに水が入った。 水面に 山並みや 白い壁の小屋や 空が映っている。 雲も やがてやってくる 飛ぶ燕も映る事だろう。 車で走っていると ハッとする…

ヘリコプターと 桜の蕾と拳の花

今日の写真は 飛んでいる3匹の蚊ではない。 私の住んでいる市にある 自衛隊駐屯地から 飛び立ったヘリコプターが3機。 買い物に出かけた琵琶湖西岸の スーパーのパーキングで 食材を車に積み込んでいると ヘリコプターの音が聞こえて しばらくすると 3機…

久しぶりの晴れの日

昨日降った雪が溶けて 屋根からポタポタと落ちてくる。 まるで雨の日のようだ。 青空 流れる雲 明るい光が窓からさして ”What a wonderful world”だ。 強い北風は吹くが ダウンジャケットで暖かい。 買い物に行った。 山から琵琶湖岸の町へ。 ホームセンター…

京都行き

4日 買い物で京都に行った。 木炭紙1枚と 和紙かケント紙のハガキを 100枚ほど欲しい。 河原町五条の画箋堂へ。 木炭紙とハガキと 小さなスケッチ帖を購入。 そして 歩きながら 朝日新聞デジタル版に載っていた 松原橋側の立ち食い蕎麦屋を思い出し そこを…

雲海とキャンプ

夜7時過ぎの コミュニティバスが終わると 後はたまに静かに走り去る車があるだけ。 数日前から 暗くなると 「小屋」の前の道を 奥に向かって車が次々と行く。 「天気はいいし こりゃあ雲海が見られるぞ」 と 写真を撮る人は 寒さも暗さも睡魔も気にならない…

熱い蕎麦を食べたい

6月6日 午後5時 雨が降ると 体の芯まで冷え冷えとする。 服はもう初夏の軽さで 半袖と長袖のTシャツの重ね着。 そんな格好に 茶色のウインドブレーカー。 全部ユニクロの 実に地味な自己表現だ。 この装束で「下」まで買い物に出かけた。 霧雨の中の田舎の景…

「バルト海のイワシ」

バルト海の鰯 甘酢漬け 買物は一週間に一度。 だから 野菜 肉 魚の半分は 冷凍物を買ったり 冷凍にしたりする。 スーパーで ふと目に留まった「バルト海のイワシ」 「バルト海か・・・ こりゃあ珍しい」と ラトビア産の 冷凍の美しいイワシを買った。 価格も…

買い物途中 

買い物に行く途中 買い物は琵琶湖畔の街まで行く。 車で45分。 ゴールデンウィークの様に 他府県ナンバーの車が 列を作る日でなければ この時間は変わらない。 山の川筋に住み 狭い空しか見えない所に住んでいると 広い空の下を 車で行く買い物は 見慣れた…

お墓参り 京都

お墓から比叡山を望む 夫の両親のお墓は京都の北西 比叡山が真正面に見える所にある。 去年の暮れは 雪混じりの天気が続き 約半年ぶりに行ってきた。 京都の北部でも 桜の蕾が膨らみ 山にはもう 拳の花があちこちに咲き 畑には菜の花が満開で 「下」はすでに…

買物と甘い紅茶

樅の葉 昨日会った村の人が 淡い青空を見ながら 「曇りの日はやる気が起きない 今日のように いいお天気だと元気が出る」と言った。 私だけではないのだな お天気で気持ちが変わるのは 私だけだと思っていた。 食材が底をついた。 午後 「下」へ夫と買い物に…

安価な黒い靴

雪は一段落。 雨が冷たい日で 明るい内に帰ろうと 昼前に山を下り 買い物に出かけた。 今日 靴を衝動買いした。 ホームセンター「コメリ」でセール中の 黒いポリエステル生地のフカフカした 軽い 履いたり脱いだりが実に簡単な靴だ。 私が二週間に一回行く図…

玄米を精米する

無人精米所の前から 貰った玄米を 精米する。 村のあちらこちら ホームセンターの前・・・ 色々な場所に 小さな物置の様な精米所がある。 10キロで100円。 コイン投入口に100円玉を一枚入れると カランと音がする。 モーターが回り始め 懸命に働く精…

まだ 夏のシャツとサンダルのまま

スーパーマーケットへの途中 2日 強い雨が夜に降り 夜が明けると 青空の美しい1日の始まりだった。 朝ご飯を食べる時に 窓から見える 小屋の周りの木々は 雨で濡れ 朝陽に輝やき 鳥達の声が あちらこちらから聴こえる。 チャックに貰った 芽キャベツの二つ…

眠い一日

ジャーマンアイリス 朝から 曇り空で寒い。 首に紺色の木綿のストールをぐるぐる巻くと どうにか 暖かくなった。 寒いせいか 寝不足なのか 椅子に座ると眠くなる。 お昼ご飯に具沢山の味噌汁を作り 納豆とほうれん草の胡麻和えで済ませた。 私はベジタリアン…

買物に行く

買い物からの帰途 24日 午後4時半 昨日。 「午後から雪が止み 晴れる」 という天気予報を信じて 車で50分の湖岸のスーパーまで行った。 下に行くほど 道路の除雪の状態が悪く 車のタイヤが 雪の轍から外れて揺れた。 大型除雪ブル何台もと出会った。 雪…

週に一度の買い物

10月2日 夕方5時過ぎ 買い物に出かける。 「小屋」から琵琶湖岸にあるスーパーまで 車で片道50分。 ほとんど信号のない道を 山 畑 稲田の季節を感じながらのドライブだ。 週一回の買い物で 同じエリアにある3軒の店を回る。 生鮮食品は大手のスーパー…

「なんて 美しいんだ」

8月18日 昼過ぎから 青空が見えた。 強力粉 薄力粉 蕎麦とうどんの乾麺 豆腐 納豆 麺つゆ 牛乳 米 野菜 バナナ 肉 魚 コーヒー豆 缶詰 等々 食材を買いに 山を下りスーパーまで。 そして コンビニ 図書館。 夫と二人で出かけた。 手分けして用事を済ます…

買い物の行き帰り

買い物に行く途中 夕方 車で山を下って買い物に出かける。 下ると言っても まだ山の中。 谷筋のうちよりも 平地が多い。 田んぼに青みと厚みが増え 夕方の涼しい風と 前に広がる空の美しい事。 一本道は北へと続き 途中から折れて 琵琶湖半まで行くのだ。 夕…

手紙を書くには 万年筆が欲しい

7月29日 午後 数日前に京都へ行った。 勿論 この時期に遊びにではないが 用事のついでに 鳩居堂に立ち寄り 封筒便箋 一筆箋など 何点かを買い求めた。 和紙の 模様がないシンプルなもの。 手紙をよく書く人への お礼にちょうどいい。 私はパソコンを使う…

ラクダの鈴

ラクダの鈴 窓から吹き込む強い風で カーテンが膨らんではためき 吊り戸棚に留めた 錆びた薄い鉄板の ラクダの鈴が 低い 優しい音色で カラン カランと鳴る。 シルクロードを行く隊商の 長い列を組んで 荷物を運ぶラクダに 付けられた鈴だ。 今はもう色褪せ…

温泉のある丘まで歩いた

図書館の裏 夫はローソンへ 私は図書館へと 村の「ミッドタウン」に出かけた。 夫の愛車 スズキのキャリーで30分だ。 道の駅の駐車場に車を止め それぞれが 用事を済ませた。 そして私は 青いコートのポケットに 水色の小さな傘を入れ 「ちょっと 温泉まで…

「ご苦労様」ガラケー 「こんにちわ」スマートフォン

10年余りお世話になったガラケー。 docomoの男性社員さんが 「見た事がない機種ですね」と言った。 そりゃそうだ。 このガラケーを買った時 おたくは中学生じゃなかったの? まだ ガラケーを使ってたの? と 驚くべからず。 ガラケーさえも持たない友達も…

眺めのいいスーパーのフードコート

比良山系 冷蔵庫の中が すっかり空っぽになった。 青い空の下 凍結の道に気をつけて JRの最寄り駅のある街へ 食材購入の為に車を走らせた。 いつものスーパーの3階の フードコートに初めて行った。 驚いた。 北西に開けたサンルームの様な広い空間。 明るい…

ワカメを貰いに小浜へ

福井県小浜市矢代 無農薬有機栽培野菜を 一生懸命作っている アメリカ人のチャック。 いつも有機肥料用の材料を探している。 「小浜で屑ワカメをくれる人がいる 軽トラで一緒に行ってくれないか」 と言うチャックのお願いで小浜まで行った。 京都の同世代の…

魚を買いに小浜へ

福井 小浜港 魚を買いに福井の小浜港に行った。 うちから車で1時間。 ひたすら北に車を走らす。 朝、港に揚がった魚は 水産市場で発泡スチロールの箱売り。 目当ての鯖は 今日は売っていない。 大きなカレイが8匹。 1500円。 むつの厚い味醂干しが6切…

食材を買いに

午後4時半 帰り道 村の人が「街」と言う湖西の北。 食材を買いに出かける。 車で50分程。 紅葉の山肌を霧が上って行く。 湿った冷たい空気が気持ちいいなあ。 山を抜け 田んぼの間を走り 湖西線の駅の辺りでやっと街らしくなる。 大きなスーパーマーケッ…

二番目に好きなパン コルネ

京都で 友達と会って ご飯を食べて 大いに喋り そして 帰りに買い物。 JRの最寄りの駅前スーパー。 ここのパン屋ではめったに買わない。 だって 私の一番好きな シナモンロールを売っていないから。 コルネ。 2番目に好きなパン。 あんドーナツも買おう。 …

たかが本ではないか

スーパーの駐車場 午後3時に家を出て 湖西のスーパーにやって来た。 1週間分の食材を購入。 塩豆大福も買う。 もやしが18円。 生産者の苦労を思う。 帰り道 図書館に寄り雑誌を受け取る。 「天然生活」 特に気に入っている本ではないが 食器を見る為予約…

手袋

昨日 あちらこちらと車で回ったせいか 睡魔に襲われブログどころではなかった。 あちらこちらと回った時に 長い間捜していた 「財布からコインを出しやすい様な手袋」 なるものを見つけた。 ついに! ホームセンターで! 指先のない手袋を使っていたが ここ…