軽やかな1日の始まり

原っぱの草に 夜露のあと。 そこを歩くと 靴が露で濡れる。 山の後ろから姿を現す 太陽の強い光で 露はすぐに消えてしまう。 すると 静かな景色が活気付き 鳥も鳴き声をあげ 飛び交う。 降り注ぐ 光の下で 生物達の動きの なんと軽やかな事か。 小屋の前の道…

さくらんぼ(桜ん坊)(2)

さくらんぼを一粒 二粒と食べている時 ジャムにしなかった事に ほんの少しだが 後悔した。 売られているさくらんぼジャムは 小さな瓶に詰められ 高い値段がついている。 それを横目で見ながら いつも 買おうかどうかと迷う。 気の小さい ケチな話だ。 残りの…

さくらんぼ(桜ん坊)(1)

おこりん坊 くいしん坊 あばれん坊 あまえん坊 やんちゃな雰囲気を感じさせる言葉だ。 可愛いさくらん坊も「坊」の仲間入り。 さっと洗い 旅先で買った 好きな鉢に入れ 赤く熟れたのを 探しながら 食べる楽しみ。 艶々とした 赤い色を見るたびに この世界に…

櫟(クヌギ)の花

櫟(クヌギ)の花 風にサワサワと揺れる花。 これが 丸くて 可愛いい ベレー帽を被った どんぐりの花だなんて。 どんぐりの中でも 特別に可愛いクヌギ。 5月の山の中で 次々と咲き始める木の花達の 地味な美しさは ある日 花開いて私を驚かす。 櫟は字面も …

美しい5月の真昼

5月6日 晴れた日の後は 冷たい雨 そして 雨の日の後は 晴れ。 強い風が続く日もある。 天気でその日の気分が変わるのはいつもの事だ。 そんな私が 雲一つない空を 見上げて嬉しくなり 「おお 写真を撮ろう」と ズボンのポケットからスマホを取り出す。 人…

紫がかった赤くて小さな野菜 ラディッシュ

紫がかったラディッシュ ラディッシュ 二十日大根と呼んでいた時もある。 梅の実くらいの大きさの赤い大根 上に伸びた葉っぱの 柔らかい姿。 小さな大根を齧ると ピリッとした辛みが口に広がる。 油断出来ないぞ。 初対面の 個性の強い葉野菜に その小さな赤…

川に沿ったキャンプ場

キャンプ場 午後5時半 どこのキャンプ場よりも 壮観な眺め。 川に沿って ずらりと車が並び 日が暮れかかると 焚き火の火が テントの数だけ燃える。 キャンプ場から バーベキューのいい匂いが漂う。 橋の上を走る車の助手席から 私は スマホで素早く写真を撮…

確かに春は今ここに

スノーフレーク 昨日 今日と 朝から夜まで ずっと ストーブに薪を燃やし続けた。 冷たい雨と強い風。 そして 時々雹が 屋根のトタンに バラバラと音を立てた。 ニュースで見る竜巻の被害 日々の天気の変化の激しさ 温暖化が地球を侵食している様が 頭に浮か…

アジュガとジャーマンアイリス

アジュガとジャーマンアイリス 紫色のアジュガの花が 敷き詰められた様に広がっていた。 あんなのが うちの小屋のそばにあれば。 あやめやカキツバタの 静かな風情とは違う 立派な花を持つ ジャーマンアイリス。 こんな花が好きだと言うと 次の日に 掘り起こ…

映画「ミナリ」

2020年製作 1980年代 アメリカ アーカンソー州に成功を夢見てやってきた 韓国系移民の若い一家。 夫 妻 娘 息子。 様々な困難 予想だにしなかった出来事に見舞われ 妻のモニカは 今の生活に不安だらけだ。 そんな時に妻の母スンジャがやって来た。 …

小雨の夕方

雨が小降りになった。 傘をさし 表に出ると 濃密な 緑の香りがする。 木々の葉が 塊になり 厚みを増した山の姿が迫ってくる。 一羽の白鷺が 小雨を受けて軽く軽く飛び 南に向かっている。 川は雨水を集め 滔滔と下る。 小屋のそばの紅の木蓮は 今が盛りだ。 …

クコの葉の胡麻和え

クコの実 それも乾燥した赤い実を知っている人でも 葉を知っている人は少ないだろう。 今日 齢95歳のオチヨさんから 新鮮なクコの葉をもらった。 オチヨさんから聞いた通り 葉の色が変わる程よく湯がき 水に晒して 細かく刻む。 私は「ああ メカブみたいに…

畑の溝を流れる清らかな水

畑の間の細い溝に サラサラと心地よい音をたてて 透明で清らかな水が流れている。 南北に位置する 山からの伏流水だ。 その溝の脇に 黄色のきんぽうげ うまのあしがたや 淡い紫色のタチツボスミレ 若いふきの葉などが咲いている。 暖かい日差しを浴びている …

時はもう春 しかし

花のない季節に 原っぱに立ち尽くしていた百合の花。 道路脇に転がっていた松ぼっくり。 林の中で見つけたどんぐりの実。 見上げれば 大きな櫟が枝を広げていた。 そして 何でこんな所に貝殻が? それぞれを カバンに入れたり ズボンのポケットに突っ込んだ…

私が見えるかい?

トンビの長閑な鳴き声が 頭上から聞こえる。 高音のよく通る声だ。 空を見上げると ゆっくりと 大きく旋回する姿が 小さく見える。 そして 山の上にふわりと浮かぶ半月に 私は気付くのだ。 トンビよ トンビ そんなに高い 青い空の中で 半月を背に 気流に乗り…

ウスギヨウラクツツジ(薄黄瓔珞つつじ)

ウスギヨウラク ツツジ(薄黄瓔珞ツツジ) いつも通っている道。 だけど 今まで気がつかなかった 釣鐘状の花。 淡い黄色とピンクの花房 それが 宝石みたいだから 薄黄瓔珞。 漢字四文字の名前の 東洋の花だ。 明るい陽の下で ゆらりゆらりと揺れ 前を通る私を…

みんなが好きな赤い苺

トミコさんの畑に植っている 20個ほどの苺の株。 固い土に張り付くように 毎年 蕾をつけ 白い花を咲かせている。 実が赤く色づく頃 何者かが食べに来る。 それは カラスかうさぎか トミコさんは不思議で仕方ない。 「星野道夫のアラスカの家の庭。 赤く色…

琵琶湖大橋の畔

琵琶湖大橋畔 琵琶湖の源流の川沿い 空の狭い山の村に住んでいる私は 琵琶湖の広さ 空の高さに いつも感動する。 今日 用事が終わった後 琵琶湖の南 琵琶湖大橋のほとりをぶらりとした。 雲一つない青い空が広がり 嘴の赤い 黒い羽のバンが 行儀の悪い声で鳴…

蕨と厚揚げのナムル風

蕨と厚揚げ 旬のものは一度は食べたい。 やっと出始めた蕨を 手のひらいっぱいに掴める程に持ち帰る。 小さじ一杯の重曹を 蕨に振りかけ 熱湯をたっぷりと。 そのまま冷めるまで放置する。 流水でよく洗うと シャキシャキと歯触りのいい 蕨の出来上がり。 厚…

雨と風の日 小屋の中で燻っていた

雨と強風で ずっと小屋の中で燻っていた。 午後3時ごろ。 「借りてた草刈り機を返しに行く」 と友達から電話があった。 冷凍庫から 凍った煮小豆を出し 電子レンジでチンをした。 やって来た友達に それをたっぷりと鉢によそい出した。 餅も 白玉粉もない。…

カブラの花のサラダ

去年の暮れ 雪の降る前に 赤かぶ 白いかぶのヘタを沢山埋めた。 やがて葉が出て それを摘み 味噌汁に入れたり おひたしにしたり。 雪が降り 春が来て そのカブラから 柔らかな緑の葉が出て そして 黄色の花が次々と咲いた。 高く伸びた 花の茎。 意地悪な春…

近江今津 佃煮を買う

4月14日 近江今津 風が強く 霧の様な雨が降る 冷たい日。 低く 灰色の雲が琵琶湖を覆う。 湖の広がりは どんな時でも魅力的だ。 用事を済ませて その足でもう一ヶ所。 料理旅館と言うには 余りにも素朴過ぎる丁子屋。 その向かいにある 琵琶湖の魚を 佃煮…

「少年の港」 藤原新也著

若き藤原新也が 好奇心と感動で 書き綴った 「印度放浪」「西藏放浪」「全東洋街道」 インド チベット ユーラシアを たった一つのカメラで 大きな空や岩山 その地に暮らす人達 喧騒を撮った。 放浪三部作(私が勝手にそうよぶ)の後 アメリカ アイルランド …

「ひね」小豆で作るぜんざい

齢95歳のオチヨさんが作った 「ひね」の小豆を貰った。 私がひねと思ったのではない。 オチヨさんがそう言ったのだ。 去年の豆 「ひね」の小豆の中 変色したり 縮んだりしたものを 一粒づつ拾い出すのは面倒な作業。 ひねだから 全部炊いてしまおう。 そし…

アメリカ映画「スモーク (SMOKE)」

アメリカ映画 「スモーク」 1995年公開 原作 脚本は、作家のポール・オースター だ。 1990年 ニューヨークのブルックリンの街角の小さな煙草屋 そこに集う常連客の それぞれの人生を描く。 同じ時刻 同じ場所を Canonで撮る 煙草屋の主 オギー・レン…

おねだり上手のヤマガラ

朝の10時ごろ 胡桃が載ったココアクッキーを齧りながら 小屋のそばで 灰色の空を見上げていた。 冬より寒い春に 恨んだ目をしていたかも知れない。 カーキ色のくたびれたジャケットを着て 冷たい風が首から入り込まない様に ジッパーをしっかりと上げた。 …

花も蜂も

石楠花(シャクナゲ) 朝 目覚め ドアを開けて表に出る。 アスファルトの道が 黒く濡れて 夜の間に雨が降ったのを知る。 その雨の跡を ケンジさんの庭の あちらこちら 野生の様に 逞しく咲いている シャクナゲの花びらに見つける。 冬の雪に 押しつぶされて…

山菜の天ぷら(タラの芽 三つ葉 よもぎ ふき ミント)

タラの芽 三つ葉 よもぎ フキの若葉 ミント 「天ぷらにするといいよ」 と タラの芽を5個もらった。 山菜天ぷらの王者 タラの芽。 これだけで天ぷらは寂しい。 小屋の周りで 自生の三つ葉 よもぎの若葉 フキの若葉 そしてミントを摘んだ。 香り高い馴染みの…

まずは車から春仕様に

久し振りに 風の吹かない日だった。 午前中は 雲一つなく 明るい日差しが嬉しかった。 ドアを開け放し 網戸から見える 芽の出始めた木々 水仙の白 黄色の花達。 夕方には 空は灰色に変わったが 雨も降らず 風も吹かない。 気持ちがいい。 一冬でドロドロにな…

花が咲いたクロモジの木

黒文字(クロモジ) 小屋のそばで ぼんやりと 黄色の靄を纏ったように 立っているのはクロモジの木。 小さな花は蜜蝋のような渋い黄色。 しべがかわいい。 葉は柔らかい灰緑色。 夜から 柔らかい雨が降り続いた。 数日前までの 固い蕾が 眠りから覚めたよう…