梅が咲いた

梅の花が咲いた。 暮れの30日 近くの梅と松の枝 笹の葉を切り持ち帰り 正月の花とした。 梅は胡麻粒ほどの小さな固い蕾をつけ 松は艶々とした緑 笹は明るい緑。 七日に 松と笹は 外の土に帰し 梅は白の花器に挿し直した。 南の窓から射す明るい朝日と ストー…

どうでもいい事

紅葉 一番最後まで 赤い葉っぱを残しているのは紅葉だと 今年になってやっと気がついた。 銀杏の葉っぱは いつもより黄色が薄く 山帰来の赤い実は いつもの様に弾けるような膨らみはない。 午前11時ごろ 赤い郵便配達の車が止まり 「小屋」の壁にある 白い郵…

子供の松ぼっくり

子供の松ぼっくり 昨日の強い風に落とされた 松の小枝。 道の脇に落ちていたのを 持ち帰る。 淡い黄色の松ぼっくりが やがて緑に そして 茶色の枯れた松ぼっくりになる。 こんな渋い色合いの セーターが着たい。 全体は緑 胸の辺りに黄色のストライプ 共に「…

トミ子さんの手編み靴下

トミコさんの編み物 トミコさんの編み物が絶好調だ。 残りの毛糸で 靴下 手袋 マフラーが どんどん出来上がる。 色合いが何とも楽しく そして シルクロード辺りを彷彿とさせる野暮ったさ。 それがとても私好みだ。 ワークブーツにトミ子さんの毛糸の靴下。 …

小屋の中は 冬仕様

初冬の様な寒さが やって来た後の今日 小屋の中は すっかりと冬仕様に変わった。 薄い白木綿のカーテンを外し 白のカーテンの上に ベージュのカーテンを吊るす。 冬の寒気が少しでも入り込まない様に。 磨いた窓ガラスの向こうに見える 色の変わりかけた木々…

梅雨明け 二日目

梅雨明け二日目。 カラリと晴れた。 塩をまぶして ホウロウの容器につけた梅 。 たっぷりの梅酢に浸かっていたが やっと 日の目を見る事になった。 竹のザルに並べ お日様の下に。 カラカラに塩を吹くまで干すのみだ。 夕方になると 小屋の中に入れる。 小さ…

タフなスノーシューズ

私のスノーシューズは 見かけは登山靴と同じ。 でも 底の波形と内側が違うのか 滑らない 暖かい。 10年近く 雪を踏みしめ 雪をかぶり 毎日履いている。 実に タフな靴だ。 雪に埋もれる寒い2月。 今年は雪も消えてしまった。 もう 靴をしまおうか。 今年は…

ぶらり歩きの友

インディオが被っている様な友達の帽子。 うちに遊びにきた時 いい帽子だと褒めた。 弘法さんで売られているその帽子を 私にもと去年の秋に プレゼントしてくれた。 北風の強い今日も この帽子を被って ぶらりといつものルートを歩く。 雪の消えかけた楢の林…

マフラー

マフラー 今日も雨の一日。 足元も首の周りも 何となくスースーするようになった。 引き出しを開けると 飛び出してくる様に 沢山のストールやマフラー。 それは 自分で買ったものや 母が編んでくれたもの そして プレゼントされたもの。 20代の時買ったタ…