赤とんぼ 月 カフェオレ そしてトランペットの低い音

6時半になると もう辺りは暗くなる。 出かけていても 「ああ 早く帰らなければ」 と 思う季節になった。 昼間に 赤とんぼの群れが 川ノ上高く ホバリング。 本当に沢山の群れだ。 薄いオレンジ色だった胴が 鮮やかな赤になって これからどこに行くの? 「さ…

満月は姿を隠して通り過ぎた

今年初めてのシュウメイギクが咲いた。 こんな可愛い顔をしているのに 根の逞しいのには 驚いた。 その根っこは 葛の根の様で どんな土でもしっかりと捕まえる。 これから次から次へと 秋風が冷たくなるまで 咲き続けるだろう。 あちらこちらに咲いていた 野…

明日もいいお天気である様に

輝く朝の光だ。 木の葉の間から漏れる 山の向こうから顔を出した 眩しい朝の光。 肌寒いほどの涼しさと からりとした空気感。 強い北風は気になるが 今日の様な感動する程の 気持ちのいい朝は 一年で何日あるだろう。 早朝に出勤する車が 小屋の前を走り去る…

籾殻から白米へ

今週の日曜に ヨシヒコ君は稲刈りをするはずだ。 途中に 鹿 鳩 猿に食べられたりして やっと黄金色に実った米だ。 こんな小さな米粒を 主食に育てた先祖の熱意に 稲穂や麦の穂を見るたび感心する。 遠い昔から 改良を続け より美味しく 沢山の米を麦をと 努…

ゴージャスな夕焼け

午後に 夕立があった。 北の空は明るい青空で 南の空もそうだった。 しかし 頭上は 押しつぶされそうな暗い灰色の空。 大きな雨粒が 乾いた土や アスファルトに 黒い跡を残して落ちてきた。 気持ちのいい夕立の一雨。 土も草も木の葉も 屋根も 車も 皆 息を…

ずしりと重いブドウの房

岡山の知人から届いた 新鮮なぶどう。 ピオーネとベリーA。 大きな箱にそれぞれ10房。 茎は緑 実はしっかりと固い。 流水でよく洗い ガラスの皿に載せた。 去年7月 川の決壊で 倉敷真備町が 泥に埋もれたのを 忘れた人はいないだろう。 知人のぶどう園が…

見つめてしまったゼニアオイ

アキさんの畑の周りには 沢山の花が咲いている。 その様は自然で 野の花みたいに 風に揺れている。 季節が終わりに近づき 先日の台風の風で 細い茎が倒れ 地に這っている花もある。 ゼニアオイ。 思わず足を止め 見入った。 紅色だが派手ではない 長いハート…

ひょっとして トマト?

まるで柿の様なトマト。 野菜も花も とても上手に育てる アキさんの畑の黄色いトマト。 何も知らずに貰ってきて 赤くなったら食べようと テーブルの上に置いた。 ひょっとして これは黄色いトマト? と 気づいたのが昨日だ。 くし形に切ったり 輪切りにした…

豪雨と停電

トミコさんの家の前 稲田 午後1時過ぎ 遠くで雷の音がしきりとする。 習慣になった 気象庁の雨雲レーダーを パソコンでチェックする。 大阪 京都 滋賀南部が 真っ赤な塊に覆われている。 南の空は濃い灰色の雲。 あの辺りの雷の音だ。 強い南風と叩きつける…

蓮 睡蓮 木賊(トクサ)とホテイアオイ

蓮と睡蓮と木賊(トクサ) そして ホテイアオイ。 山の水が滔々と流れ入る池に それらの水生植物が 繁茂している。 淡いピンクの花が 終わってしまった 蓮と睡蓮。 ホテイアオイの青い花も もう見えない。 盛りが過ぎた葉っぱは 黄色くなり始めた。 夏の終り…

夏の終わり 秋の始まり

大きなガラスのコップで ぐびぐびと冷たいほうじ茶を飲んでいたのは ほんの 一週間程前だ。 続いた大雨が終わったら 急に涼しい日が始まった。 ご飯の時も熱いお茶。 スープも熱いのが美味しい。 具をたっぷり入れた コーンスープ。 この間まで 冷たいコーン…

山の中のファミリー・バンド

ファミリー バンド うちの前の道を車で20分程奥へ。 この集落で ファミリー・バンドの ライブを聴いてきた。 お父さんがリードギター お母さんがキーボード 次男がベースギター 三男がドラム 末っ子娘がボーカル。 途中から ゲストのフィドルと バーカッショ…

雨雲レーダーを見る習慣

30日 午後6時 気象庁のサイトの雨雲レーダーで 雨が通り過ぎる経過を見る 習慣がついてしまった。 30日の昼頃に 「バケツをひっくり返した様な」雨が続き 小屋の中にいるのに なんとも落ち着かない時を過ごした。 冷蔵庫の中の食材が少なくなり 雨が小止…

叩きつける様な雨

叩きつける様な雨が 1時間ほど前から降り続き 気象庁の雨雲レーダーでは 真っ赤な雲の流れが 北東に広がる。 黄土色の川の濁流が 踊りながら下る。 遠く 近く 雷が吠える。 こんな時には 郵便配達の車の音 ポストにコトンと落ちる 郵便物の音さえも 心が安…

オリーブの枝

淡い紫色の花が 小屋の周りに咲き出したのは 2、3年前からだ。 繁殖力が強く 自分の陣地をじわじわと広げていく。 そして 薄紫色の花から 今年は 白い花が咲き出した。 突然変異なのか 先祖返りなのか分からない。 周りを見ても 同じ花は見当たらず とにか…

「ブルーベリーパイをどうぞ」

今回は練りパイ生地でいこう。 アメリカのパイはこれが多い様な気がする。 小麦粉に有塩バターを練りこみ 折りたたまないでそのまま延ばす。 半分を耐熱皿に敷き 半分は上に被せる。 たっぷりのブルーベリー。 砂糖と片栗粉をまぶし 耐熱皿に敷いたパイ生地…

赤とんぼが飛び ツバメは帰国の準備

今日 午前8時 午前8時に山の向こうから 太陽が昇る。 涼しい朝の冷気が この時間を境に夏の暑さが始まる。 スマホのメールボックスのメールが見られない。 スマホ初心者がよく経験する不具合で 昨日 山を下り docomoまで行った。 チャッチャッとメールを見ら…

ブルーベリーパイを焼こう

うちでは ブルーベリーの木の成長が 止まったまま。 ほっておいても大きくなるらしい そんな木なのに 背が伸びるどころか 実もならない。 そんな我が家に去年から 「ブルーベリーを好きなだけどうぞ」 と 声をかけてくれる人がいる。 山の平地に15本程の …

風景が靄る日々

何日も雨が降ったり止んだり。 すると 暗い緑の山に霧がかかる。 その霧がゆっくりと上に昇っていく。 それはとても美しいものだ。 「おお まるで絵の様だ」 こんな日が続くと 小屋の中は 池か沼みたいな匂いがする。 水草の匂いと思えばいいだろう。 そして…

The New York Timesのツイッター

The New York Timesのtwitterを フォローしている。 新聞やウェブサイトの様に 長い記事ではなく 数行の簡潔な文で 内容を知る事が出来る。 例えば今朝のツイート。 たった4行の文に 400年前(1619年) アフリカから奴隷として 当時の英国植民地のバ…

シンプルな食パン

ケーキは焼き上がりより次の日 出来れば 数日後。 パンは焼きたて。 それが一番美味しい。 私はそれを実感している。 さて 今朝もホームベーカリーで焼きあがった バターも食用油も使わない とてもシンプルな山型食パン。 熱々は切りにくいが やはり 湯気の…

いつもの様に ラジオから音楽が流れて

「ミッドタウン」の午後8時 ローソンのパーキングから 「ミッドタウン」とは 私の住んでいる村の中心地。 市役所の支所 郵便局 図書館 ホール 道の駅 小さなスーパー 温泉 スキー場 診療所 消防署 等々 暗くなれば ヘッドライトの灯だけが眩しい所だ。 湿度…

台風が去った後の野菜達

赤くなるのを待つトマト 台風が去った後。 集落の皆さんの畑の きゅうり トマト 唐辛子等々の 支柱が無残に倒れた。 それを立て直すのに 夕方 涼しくなった頃から 皆さん 忙しい。 勿論 チャックの畑も。 そして 土まみれになった 野菜たちを 一つ 一つ摘み…

台風が去った後の濃厚なチョコレートケーキ

ポーリンのケーキ 台風10号は 私の住むエリアでは 大きな被害なく通り過ぎた。 しかし 風は本当に凄かった。 私は小さな小屋の中で ひたすら 通り過ぎるのを 待つだけだった。 最近の台風は 台風一過のスカーッとした 青空は現れない。 ゆるゆると北に去っ…

サーモンピンク色の夕方の雲

昨晩 インターネット接続が出来ないという表示がでた。 分からないながらも 色々やってみたが 解決するわけもない。 そして 今 パソコンを立ち上げると ちゃんと繋がっているではないか。 プロバイダーの問題なのか??? 昨夕 余りにも美しい夕焼け雲を写真…

京都まで御墓参り

墓地の裏山 お盆の御墓参りに行こう。 車で一時間。 金閣寺のすぐ北 右大文字の辺り そこにあるお寺まで 山を下った。 細い山道も 御盆休みは非日常。 離合を何回も繰り返した。 午後2時過ぎに辿り着いたお墓は 山の日陰に入っていた。 比叡山から東山まで …

キャンプの灯火

キャンプ場の灯火 ゴールデンウィーク 夏休みの キャンプ場の賑わい。 それが 難民キャンプの びっしりと並んだ 体をなしていても 私は心が暖かくなる。 布で覆われた 小さなテントの中の空間。 そこに集う家族 友達 あるいは 一人で。 星の下で いつもと違…

窓から入り込む冷気

網戸を開けた時 クマゼミが飛び込んできた。 短い命を こんな所で生きては駄目だと 表に放った。 明るい空に浮かんでいた半月が 夜の濃紺の空に 輝く星を従えて ゆっくりと移行していった。 昼間の息苦しい様な暑さから 夜は 扇風機の微かな風が心地よい。 …

ほんの一時間だけと・・・

今夏 初めて見た様な気がする入道雲。 多分 そんな事はないだろう。 山の中の一本道。 見上げるその先に 立ちはだかるむくむくの塊り。 湿度の多さに体がだるく 汗が滴り落ちた。 夜の9時に ほんの一時間だけと ベッドに転がり しかし 目が覚めたのは深夜12…

ひと時の寛ぎ

谷川の水が 川に交わる辺り。 痺れるほどの冷たい水が 飛沫をあげて 落ちている。 谷に沿って 降りてくる 冷ややかな空気。 夏は涼しく 冬は凍る 谷に架かる橋の上。 自然は時には 人間に優しく 時には とても厳しい。 とにかく今は 谷から流れ落ちる水が 酷…