読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

「20年ぶりです」と彼は言う

f:id:URURUNDO:20170517231258j:plain

 

「20年ぶりです」

北海道からやって来た知人は言う。

 

(あれ・・・20年ぶりだったかな?)

40年ぶりではないかもしれないが

20年ぶりでもない。

 

とにかく

私の原型が崩れて

崩落状態である事だけは確かだ。

 

京都で生まれて

家族で北海道に移って20年。

 

地域のコミュニティーに根ざした環境教育を行っている。

「そのためには、雨露に濡れた葉っぱの輝きや、薄暗い森の静けさ、金色に輝く夕暮れの景色に目を向けるような、身近にある神秘さや不思議さに目を見張る感性が必要です」と言う。

 

農業の悩みを

抱えているチャック。

しなやかに、かつ、逞しく

北海道で自分の道を歩き続けている

この知人を少し前に紹介した。

 

用事で京都に帰郷した知人は

チャックの車でやって来た。

 

沢山の話をする事が出来た。

北海道の先住民の話

仕事の事

お互いのコミュニティーの話

色々。

 

チャックと友達が

畑仕事を一段落して

お昼ご飯にやって来た。

 

あわてて作った豚汁と小松菜のサラダ。

それぞれがお弁当持参だが

熱い汁物はいいものだ。

 

縁が切れてしまった友達もいるが

細々とでも続いていた縁だから

今日会えた。

 

又近いうちに会えると思う。