長い間返さなかった本

f:id:URURUNDO:20190521005058j:plain

 

友達に借りた本を

返す機会を逸し

長い間本棚に置いていたりした事。

 

思い当たる人もいるだろう。

 

レコード CD  DVD 本 雑誌

私にも返ってこないものが

幾つかある。

 

何年も返す事のなかった本の持ち主。

6人の女子会で今日会う事になった。

 

本のカバーを洗い

家用に焼いたクッキーを

貰った紙ナプキンで包んだ。

 

この本の紙はこんなに焼けていたのか?

お詫びは私の焼いた質素なクッキーでいいのか?

気になるなら

京都駅の伊勢丹で何か買えばいい。

とか 雑念が頭の中をぐるぐる巡るのは

悲しい様な 面白い様な。

 

まあ いいや。

会った時に

お詫びをちゃんと言うのが先だ。

風の強い日 

f:id:URURUNDO:20190519003722j:plain

 

2日続けて

強い南風が吹いた。

そして 今日も。

 

自然は気ままで

夏の様な日が続いたり

冬の様な寒さがぶり返したりする。

 

小屋の周りや山の木や草が

うねる様に曲がる。

 

アケビの蔓とシダを切り

花器に挿す。

 

二坪小屋の中で聞こえる

断続的な風の音は

衰えを知らない。

 

夜が開けたら

どうぞ穏やかな日であるように。

 

季刊誌 「住む。」

f:id:URURUNDO:20190518114800j:plain

季刊誌 「住む。」

段ボールと紙をリサイクルに出す為に

村の支所に車で運んだ。

 

リサイクルコーナーの

大雑把に紐でくくられた雑誌の中に

きっちりとまとめられた

見慣れた雑誌が

こちらをじっと見ていた。

 

季刊誌「住む。」

12冊。

 

創刊当時から

図書館に予約して

見続けている雑誌。

 

長田弘の詩が2ページ。

それを読む為にだけ

借りていると言ってもいい。

 

数年前に

長田弘が亡くなった後も

変らず借りている。

 

「リサイクル 持ち帰り禁止」

と、書かれた紙は目に入るが 

車にヒョイッ。

 

バーコードが貼られたこの雑誌は

ひょっとして図書館のもの?。

 

私が毎回借りているのを

この雑誌は知ってか 知らずか。

こうやって

私の元にかえって来た。

 

「ようこそ!

 もう一度読んでみたいと思ってたんだ」

 

メタセコイアとクローバーの花

f:id:URURUNDO:20190517014424j:plain

琵琶湖 東岸 草津



大津市瀬田の行き帰りは

いつも琵琶湖東岸の道路を

車で走る。

 

緑の香りと

活き活きとした姿が

余りにも美しく

途中停車となった。

 

琵琶湖東岸に沿って

メタセコイアの並木が続く所だ。

繊細な細かい若葉。

四季を通して美しい樹形のメタセコイア

 

強い陽射しを傘で防ぎ

クローバーの花の群れの側を歩く。

懐かしいいい香り。

 

汚れた白い猫が

クローバーの花の中にうずくまり

私を見ている。

 

離れた向い岸が

霞んで見える。

湖は穏やかで

空を行く雲は丸い形。

 

切れる事なく道路を走る車の音も

広がった空間に

吸い込まれていく。

 

張ったテントの中で

昼寝をしている人達。

 

クローバーの香りのするこの空間で

人も動物も鳥も 心が解放される。

 

ここはそんな所だ。

パソコンのアダプターの事

f:id:URURUNDO:20190515011957j:plain

 

パソコンのバッテリーの

調子が悪くなり

それをAmazonで買い

問題は解決した。

 

次はアダプター(充電器)。

働いたり働かなかったりと

ご機嫌を伺いながらの充電だ。

とてもストレスを感じる。

 

純正品はもう売っておらず

Amazonで互換品を買った。

1年間の保証付き

送料込みで¥2000だった。

 

届いた箱を開けて驚いた。

リンゴマークがないだけで

細部に至る迄全く同じ。

 

2010年に買ったパソコンが

ホワイトからアイボリー色に

経年変化したのにも気がついた。

 

初代アダプターのコードは

骨折したかのように

爪楊枝で添え木をされ

散々な姿だ。

 

新しいバッテリーとアダプターで

なんとか持ちこたえたパソコン。

どうぞ もう少しがんばっておくれ。

二坪小屋(表から見える灯り)

f:id:URURUNDO:20190514003851j:plain

 

夕方の

大粒の雨がざーっと降り出す

ほんの少し前。

 

表から見た

二坪小屋のランプの灯りが

余りにも

私の理想の光を放っている。

 

空は暗い灰色。

額縁の様に切り取られた窓。

その中に控えめな光。

 

その光を受けて

黄色のウマノアシガタ

気分がよさそうだ。

 

出来上がる迄随分かかったが

どの部分も思い入れがある。

 

だから

表から見えるランプの様子にさえ

心が踊る。

しっとりバナナクッキー

f:id:URURUNDO:20190513011230j:plain

 

いつもの事だ。

おやつが無くなり

寂しい気分。

クッキーでも作ろう。

 

晩ご飯の準備と同時進行で

卵を割り 小麦粉を捏ねる。

 

バナナを手で

クチャクチャと崩し

クッキー種に混ぜる。

 

いつものレシピに

バナナを加えると

柔らかくなるのは想定内。

砂糖は減らした。

 

スプーンですくって

オーブンの天板に載せる。

 

いつもの様に

180℃で16分。

 

焦げ目のついた

ケーキみたいなクッキー。

バナナの香りと甘さ。

 

食べる時に

たっぷりとシナモンを振りかける。

 

明日のおやつなのに

シナモンの香りが

「おひとつどうぞ」と語りかける。

 

お一つではなく

もう1つ もう1つ・・・

ほうじ茶と共に。