本の中の「食」

f:id:URURUNDO:20170924011248j:plain

 

ソローの「メインの森」

4フィートの長さの木が何本も焚かれている

牛を一頭丸ごと丸焼きに出来る程の大きな暖炉。

カバ ブナ カエデの薪。

19世紀 アメリカ メイン州奥の

森の中の農場で出された豊かな食事に

私は舌なめずりをした。

 

まずはホヤホヤの熱い小麦粉のパンケーキ。

農場の産物のハム、玉子、じゃがいも

牛乳、チーズ。

たらと鮭、糖蜜で甘くした茶

甘いケーキ。

ヤマコケモモをとろ火で煮て甘くしたもの。

 

「贅沢貧乏」森茉莉

冷蔵庫を持たない森茉莉

氷を入れたジャーに

トマトを冷やしていた。

缶詰のハムとスライスしたトマト。

 

玉子をことの外愛した森茉莉

キノコ入りオムレツ

刻みパセリ入りオムレツ。

 

大草原の小さな家

たっぷりのバターで黄金色に炒めたじゃがいも。

そば粉のパンケーキ。

まだ青いカボチャをリンゴの代わりに使ったパイ。

カボチャの上に少しの酢を回しかけた。

 

「スペンサー」シリーズ

ボストンの私立探偵スペンサー。

本の中に登場する料理を集めた

クッキングブックが出版される程

スペンサーは料理をした。

 

火は弱火。

フライパンにソーセージを入れ

滲み出て来る油で

厚い目にスライスしたリンゴを共に焼く。

たっぷりのマスタードで食べる。

 

そして

うちの晩ご飯の一品。

 

豚の唐揚げ、満願寺唐辛子と人参の素揚げ。

これたをスライスタマネギたっぷりの甘酢に漬け

上からミョウガを散らす。

体調が狂いがちな夏から秋においしい。

 

本の中に登場する料理と私の一品。

唯一の共通点は分厚く重い鋳物の

開拓時代から使われているフライパンだ。

 

私は特別食いしん坊ではないが

本に登場する料理は

頭の中に沢山ストックされている。

広告を非表示にする

「ホトトギスよ」

f:id:URURUNDO:20170923012001j:plain

ホトトギス

 

ガマズミの話をしたら

「私も!」とホトトギスが言う。

 

ひっそりと清楚な風貌のわりには

積極的な娘だ。

 

日当りのいい山の崖

あちらこちらで咲いている。

 

車やバスの窓からは

気がつかない。

 

ゆっくりと道を歩き

「どうかな?」と覗き込まないと。

 

私と出会ってどう思っているのか。

「でもホトトギス

私はあんたに出会って嬉しい」

 

広告を非表示にする

ガマズミの赤い実

f:id:URURUNDO:20170922003046j:plain

ガマズミ

 

淡い色のホトトギス

赤い粒の様な花の水引草が

あちらこちら

道の脇に咲いている。

 

夜になると鳴くコオロギや

名前の知らない虫の声。

リリリリリと鳴いたり

リンリンリンと鳴いたり。

 

高くて青い空に

薄く綿を伸ばした様な雲。

 

夏が後戻りするかと思っていたら

きっちりと秋になった。

 

そんな秋の空気の中で

ガマズミの

赤い実を見つけた時の嬉しさ。

それは少し疲れた様な

緑の葉っぱの中にいる。

 

焼酎に漬けてガマズミ酒。

枝と葉は染料に。

赤い実の枝を

髪に飾った山の娘。

中々の働き者だ。

 

広告を非表示にする

香り高い蕎麦

f:id:URURUNDO:20170921002222j:plain

 

京都出町柳にある蕎麦屋さんの

手打ち蕎麦を貰った。

 

チャックの畑のボランティアをしている

バンクーバー出身のカミちゃん。

 

数日前

「ざるそば 好きですか?」と聞く。

「好きよ、なんで?」

「別に、なんとなく」

 

そして今日

手打ち蕎麦を持って来た。

 

スイス人のカミル

帰国したアメリカ人のショーン

今滞在中のメキシコ人のアルトゥーロ

「彼らに優しくしてくれるからお礼です」だと。

 

優しくしてるのかな・・・?

 

見るからに美味そうな生の蕎麦。

ざるそばに決まりだ。

 

トミコさんに貰った野菜。

かぼちゃ、満願寺唐辛子、なすび

そして

豚肉を天ぷらにしよう。

沢山揚げて明日のお昼は天丼に。

 

上等なそばつゆもある。

4倍希釈。

これに刻んだ茗荷をたっぷりと。

 

天ぷらの後は

たっぷりの湯で蕎麦をゆがく。

蛇口からほとばしる水は冷たい伏流水。

冷たい水で洗いよくしまった蕎麦。

 

器に盛った蕎麦。

野菜と豚肉のてんぷら。

みょうががたっぷりのつゆ。

 

口に含んだ蕎麦からは

糠のような濃い香りがする。

美味い!

 

カミちゃんにお礼のランチでもと思う。

でもカミちゃんはビーガン。

動物由来のものはいっさい食べない。

どうする?

広告を非表示にする

加賀乃薊(カガノアザミ)

f:id:URURUNDO:20170919011528j:plain

カガノアザミ


さてさて

朝一番に「いが栗の様子を見に行かなくては」

と扉を開ける。

 

台風の強い風で

花達の茎も倒れてしまった。

 

土色をした濁流が

踊る様にして走り去る川。

 

おや・・・

その川の側に薊の花。

 

淡いピンクの

首を傾げた儚い姿は

まだ

青空を見せない空の下で

ゆらゆらと揺れている。

 

強い風にも

折れずに倒れずに

「なんて事ないよ」と言う。

緑のいが栗

f:id:URURUNDO:20170918002707j:plain

 

自分の可愛さに気づいていない。

 

ぴんぴんのいがぐり頭

少年の眼差しを感じる。

 

強い風と雨の台風が

北を目指して走り去った

深夜の今。

 

朝目覚めれば

まずは扉を開けて

道にばらまかれた様に散らばるいがぐり頭に

会いに行こうではないか。

広告を非表示にする

冷凍赤唐辛子

f:id:URURUNDO:20170917012701j:plain

 

道の駅で買った新鮮な赤唐辛子。

それは

私の好きな赤い色だ。

 

形も色も艶もよく

これを干してしまうのは

誠に勿体ないとは思わないか?

 

ジップロックの袋に入れ

冷凍庫のドア部分に居場所を見つけた。

 

煮物に

麺に

肉に

魚にも

使いたい。

 

二つに折った唐辛子を

鍋に放り込み

ほどよい辛みを楽しもう。

 

カイエンペッパーより

優しい辛み。

 

素材の味を壊さない

フレッシュな生唐辛子の

控えめな厳しさ。

 

深い赤の色も好きだ。

広告を非表示にする