ジュピターの珈琲

f:id:URURUNDO:20180721012331j:plain

 

珈琲を貰った。

夫の友達からだ。

 

ピッチリと袋に詰まった

挽かれた珈琲豆。

はさみで袋の上を切ると

膨よかな豆の香りが飛び出る。

 

袋から瓶にさらさらと落ちていく珈琲豆の粉。

小屋の中に漂う香り。

 

パチッと瓶の蓋を閉める。

ガラスの中に詰まった茶色が綺麗だ。

 

夏でも熱い珈琲を好む。

明日の楽しみとしての香り高いギフト。

大きなカップにたっぷりと注ごう。

 

__________________________

日曜日まで午前から夕方まで京都へたびたび出かけます。

訪問が滞っていますが、月曜からゆっくりと読んでいきたいと思っています。

 

夕方は22度

f:id:URURUNDO:20180720012147j:plain

 

夫は京都へ

私は大津へ。

 

山の中は

行きは汗を拭き拭き35度

夕方の帰りは22度。

 

頭がボーッとする程の昼間の暑さから

深夜の今は肌寒い程だ。

 

小屋の横の谷からの

凉風をお届けしたい。

三日月がふわり

f:id:URURUNDO:20180719001914j:plain

 

「暑い 暑い」

と、会う人が皆言う。

 

川がもう溢れるかの豪雨の後

この熱風とべたつく湿度の日々。

 

私はもうお手上げだ。

誰もこの気候変動を止める事が出来ない。

悲観的な私。

 

ヒグラシの鳴き声は午後4時の合図。

 

涼しくなった夕方に表に出ると

木と木の間

薄い靄の後ろに三日月がふわりと浮かぶ。

深い青に煙った色のブルーベリー

f:id:URURUNDO:20180717005415j:plain

 

パックにいっぱいの

ブルーベリーを貰った。

 

早速ガラスの鉢に入れた。

 

深い青に白く煙った様な色。

ブツブツ文句を言ってる様な口

どことなく気難しい顔をした果実だ。

 

アラスカの原野や

フィンランドの山間に

自生しているブルーベリーを

見てみたい 食べてみたい

という願望がある。

 

毎朝のカスピ海ヨーグルトに5粒。

今はこれでいいとしている。

贅沢な夏の夜

f:id:URURUNDO:20180716014253j:plain

 

今日の午後

標高500メートル程の

ここらの気温は35度だった。

 

夫が京都に出かける

朝の10時前にはすでに31度。

 

こんな暑い日中だが

二日前に出した

扇風機の風が心地いい。

 

ゆっくりと回る羽。

 

夕方4時になると

空気がひんやりとし

ヒグラシが鳴き始める。

人の心にも 山の樹々にも

沁み入る様な不思議な音色。

 

寝る時は

夏布団に毛布を掛け

それを引き上げる。

 

エアコンもいらない

山の中の贅沢な夏の夜だ。

地味な花 百日草

f:id:URURUNDO:20180714011136j:plain

百日草

 

集落の家の周りには

いつも様々な花が咲き乱れている。

 

ターシャチューダーの庭の様な

住人の意思を感じさせる

花壇ではない。

 

離れたお隣同士でやり取りしたり

山から持ち帰った花の咲く木であったり

勝手に生えたりした物ばかりだ。

 

雑然としているようだが

花のもつ華やかな美しさ。

農家の庭が明るい。

 

トミコさんが

畑から引き抜いてくれた

百日草の苗。

 

私も道路際の小さな花壇に植えた。

栄養不足の土に植わった

ヒョロヒョロの百日草。

 

集落のどの家にも咲いている百日草。

それは全てトミコさんの畑から

やって来た地味な花だ。

ミニトマト愛

f:id:URURUNDO:20180713013945j:plain

 

いっぱいトマトを食べたい。

そう思って20本近くの

ミニトマト苗を植えたのが去年。

 

背が伸びれば支柱をし

黄色い小さな花が咲くと

顔を近づけてじっと見る。

緑の実が成り始めると

鳥がつつきに来る。

小さな実に沢山の穴。

ネットを張り実を守る。

 

そして

食べきれない程のミニトマトの収穫。

 

私のトマトフィーバーは

一年で終わった。

 

スーパーの野菜売り場に並ぶ

懐かしいトマトの味がする

赤や黄色のミニトマト

 

行くたびにそれらを買い求め

今年の夏の間の楽しみとしよう。