呑気そうに小狐が

f:id:URURUNDO:20170616005735j:plain

午後6時半

 

午後5時半。

大津から帰宅。

 

「狐と目が合った」と夫が言う。

 

夫が外で「ちょっと一服」していた時

道路をトントントンと

小狐が呑気そうに小走りしていた。

 

チッチッと舌を鳴らすと立ち止まり

首をキッとこちらに向けた。

 

じーっと夫を見る狐。

よしよしと首を振ると

狐は又ゆっくりと走り出した。

 

その時

火ばさみがカタンと倒れた。

 

狐は素早くコアジサイの茂みから

崖を駆け上り

小高い場所から夫を見た。

そして

山の中に消えた。

 

フサフサの長い金色の尻尾。

「可愛いわぁ

 顔は陰気やけど」らしい。

 

陰気だなんて言ってるよ。

今度は私の前をトントンと

走ってくれる?

 

広告を非表示にする