楢の木を見ながら

f:id:URURUNDO:20160428004907j:plain

午後4時 雨

 

淡い緑に銀色を混ぜた様な葉のあの樹

他のどの落葉樹よりも多く山を覆っているあの樹は

楢だと今更ながらに気がついた。

 

杉、檜の林業がこの村の生業だったのなら

楢で作る炭は副業だった。

 

山のあちらこちらに炭焼窯の後がある。

男性なら炭俵3俵、女性なら炭俵2俵を担いで

炭問屋まで運んだと言う話はついこの間の事だ。

 

楢の木がなぜ多く山にあるのか、

うちに植わっている木を

「それは食べられるんか?」となぜ聞くのか。

今や名物の栃餅も乾燥ワラビも鯖のなれ鮨も。

 

それらから、冬、かつて雪に閉ざされた村の

厳しく貧しい生活が見えてくる。

 

厳しい山の生活に意味の無いものはないのだと

楢の木を見ながら思う。

 

 

 

 

 

広告を非表示にする