ピンクの壁

まだ、アメリカのモダンアートが私の中には存在しなかった10代の後半。

デュフィーの描く明るい南仏の風景が

とにかく、好きだった。

f:id:URURUNDO:20150701212250j:plain

(Google画像)Raul Dufy

 

「こんな壁があるのかな?」が

「あるんだ」という確信に変えさせられた

 映画「シェルブールの雨傘

 

       f:id:URURUNDO:20150701213155j:plain

       (Google画像)          

       ピンクの壁。            

 

       f:id:URURUNDO:20150701214345j:plain

      (Google画像)       

       花の壁。

 

   ラストシーンも忘れられないが、

   壁の色と模様の強烈な印象が、

   今となっては、あれが大人の国フランスの

   濃厚な文化なんだと思う。

   

広告を非表示にする