読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

白の陶

美術・本・映画・音楽 雑感

f:id:URURUNDO:20160620003729j:plainf:id:URURUNDO:20160620003536j:plainf:id:URURUNDO:20160620003429j:plain

白の陶「記憶」

 

26日まで京都で作品を展示している

ある作者の白の陶について。

 

3年前にソウルで

透明感のある白磁に出会って以来

何とかそれに近づきたい、

ああでもない、こうでもないと

色々な試みをやってはみたが

どれもただのコピーだったようだ。

 

そして3年目の今年

やっと自分の白を見つけ出した。

 

木の小口で

陶土で形作った立方体に

土を塗ったり付けたり。

それは丸であったり、線であったり

 

その上に

磁器の薄い粘土を刷毛で塗る。

これが柔らかい白に変身する。

 

800度で素焼をし

艶消し釉をかけ

1220度で焼く。

 

朝鮮白磁の呪縛から解き放たれた

作者の白。

 

タイトルは「記憶」

 

         f:id:URURUNDO:20160620021342j:plain

          H 45cm

________________

写真では、本当の白が表現出来ていないようです。

画廊内でのアマチュアカメラマンの限界の様な気がします。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする