懐かしい空

f:id:URURUNDO:20150806235906j:plain

    何故か懐かしい、夏の日の空。

 

   日に焼ける事も気にせず

   帽子も被らず

   赤銅色になるまで走り回った日々。

 

   父と行った海。

   熱い焼けた砂浜を

   「アッチッチ」と飛び跳ねながら

   海まで走った。

 

   そんな時はいつも

   今日の様な空が

   私の上にあった様な気がする。

 

広告を非表示にする