Santa Fe(青)

アドービ建築の壁。 干した唐辛子は サンタフェの象徴の一つ。 青い扉の3番地の家。 外壁が石積みの家。 自分で建てた様な気がする。 窓の周りが青のペンキの149番地。 窓を近くで見ると とてもラフな作りだ。 渋いピンクの土壁との調和。 写真を撮って…

Santa Fe (赤)

ニューメキシコ州のニックネームは「魅惑の地」 Land of Enchantment 街中にセージブラッシュの甘い爽やかな香りが漂う ニューメキシコの州都サンタフェは どこを歩いても、何を見ても 心躍るものに溢れていた。 住宅街の普通の家の窓。 カフェでもない、レ…

福井県小浜(おばま)

(小浜港) 銀灰色の海 霧の様な雨が降っている。 小浜に来る時はいつもこんな天気だ。 小さな入江に何艘もの漁船。 港を歩くと海の匂い。 うちから車で1時間。 いつも用事のついでに立ち寄る。 若狭の海の魚も 海風で半日干したかれいも 味醂と醤油につけ…

煙草屋(マンハッタンと熊川宿)

朝早いマンハッタンのグリニッジビレッジ。 カメラ片手に観光するには、余り似つかわしくない所だ。 人通りの少ないクリストファー ストリート、通称ゲイストリートの角にある煙草屋。 「何の店だ・・・?」と一瞬分からない程の店構えだ。 アメリカ映画「Sm…

鍛冶屋と家具屋 韓国民俗村(3)

ウィークデイでお客さんが少ないせいか、職人さんは仕事をしていない。 でも、この鍛冶屋さんだけは忙しくしていた。 ホミという鉄製の鋤を買った。 手作りの頑丈で無骨な農具。 ¥400也。 家具屋さん。 普段は家具の修理をしている。 カゴ屋さんがカゴを…

薬屋 韓国民俗村(2)

薬屋の屋根の下の、薬草を入れた袋。 乾燥の為に吊るされた薬草。 ホウズキ、鶏頭、柿、唐辛子、ヒョウタン、トウモロコシ、粟 赤土の壁、白い韓紙の扉、茶色の木の梁、ざる・・・ 懐かしさを呼び起こす天然の物達。

「陶房」 韓国民俗村(1)

ソウルから電車とバスを乗り継いで行く「民俗村」 李朝時代の建物や、職人達の仕事場、商家等。 周りの山や自然を取り込んで作られた、興味深い「テーマパーク」だ。 非常に良く出来ていると思う。 時代劇の撮影の場所でもある。 今日は陶器を作る「陶房」を…

大阪

猛暑の中、大阪の本町に10日間通った。 目の前にあるオリックスビルは、屋上が展望台になっている。 「大阪平野も大阪湾もずーっと見える」と展望台からの眺めを友達は話してくれた。 「いいなぁ」 この暑さでしおれた草の様な私は、ビルを下から仰ぎ見な…

メープルシロップ

アメリカ、バーモント州のテレサから「メープルシロップを食べた事がありますか?」というメールが来た。 「勿論。日本ではメープルシロップはスーパーで売られているけど、殆どがカナダ産。バーモントのは見た事がない」と返事を書いた。 数週間後、小さな…

又来た時に

ソウルから高速バスに乗り1時間。 陶器とおいしいお米の利川市(イチョンシ)がある。 陶器店が集まっている陶芸村があり、道路沿いに沢山の陶器工房がある。 その中の一軒の陶器店で出会ったお茶碗のセット。 赤土に白化粧の刷毛目。 茶碗の小ささも新鮮で…

枇杷を貰いに京都まで

「高松に行って沢山の枇杷を採って来たのよ。 たえちゃん(妻)のお兄さんがよく手入れをしてくれたので、今年のはすごく上手いんだ」 とオジンのヘルズエンジェルスみたいな友達が電話をしてきた。 このオジンヘルズエンジェルスからこういう電話がきた時は…

若狭小浜

この港を真っすぐ北へ行くとナホトカ 西に行くと朝鮮半島 東へ行くと樺太。 福井県小浜港。 船で出て行った人 船で来た人。 水平線の向うの何かを探しに。

長い旅

この川が琵琶湖に注ぎ 淀川と合流し 大阪湾にたどり着く。 そして やがて、太平洋へと。 ああ、長い旅だな・・・

メープルシロップの缶

「黄色の葉っぱが雨の様に降っていたな。 真っ白の教会があちら、こちらに。 車を停めて道をたずねたら、どの人もやさしかった。 なだらかな山並みは赤と黄色 ブルーベリーのパンケーキ」 思い出は形がない。 10年余り前の記憶が一杯つまっている メープル…

ソウルの交通事情の一端

ソウルで運転をしようと思うならば、まず、神経が太く、大胆でなければならない。 細い、坂道に停まっている車。 どうしたら、この道から抜け出せるのだろうか? 坂道発進の緊張どころではないでしょう。 教習所で、縦列駐車に悩まされた人。 路上駐車が当た…

無理矢理チャンミン in Seoul

どこを歩いても懐かしさを感じる街「大学路(テハンノ)」 その「大学路」をご一緒に。 チャ、カチ カジャッ ≡3 大学路(テハンノ)は演劇の街。 大劇場から、カフェの横の細い階段をおりた地下にある小劇場迄、このエリアにひしめいている。 韓国の演劇、…

仁寺洞(インサドン)の壷

ソウル 仁寺洞(インサドン) 観光客が行き交うかつての骨董の街。 観光客相手の安い土産物屋の間に、未だ健在な骨董の画廊、陶器の店、伝統の錫の食器を扱う店、韓紙の店、現代美術の画廊等々。 ぶらり、ぶらりと、この通りを歩いていて、ふっと目が合った…