夢の中

f:id:URURUNDO:20180414002253j:plain

 

朝晩は

ストーブに太い薪を2、3本。

 

真冬の様な寒さではないが

小屋の中がホッコリと暖かくなると

とても気持ちがいい。

 

夕食の後

ストーブのそばに椅子を引き寄せ

うつらうつらと

いつの間にか夢の中だ。

 

   小さな車輪の自転車に乗った私は

   舗装のしていない石ころだらけの坂道を

   苦労もせずにぐんぐんと登って行く。

 

   何故、こんなにしんどくないんだろう?

   と、ペダルを踏みながら思っている。

 

   右の太ももが熱い。

   何故、熱いのか?

 

   何故、何故と思いながら目を覚ます。

 

カッカと燃えるストーブのそばでの居眠り。

呑気者の私は「あぶないぞ」とも思わず

夢の中で軽々と自転車のペダルを踏んでいる。

 

広告を非表示にする