饅頭の良心

f:id:URURUNDO:20170604234056j:plain

桜餅と鹿の子

 

甘いお菓子を食べない人。

 

そんなの

人生の楽しみを

一つなくした様なものだよ。

 

花椿の模様に

玉子の黄身の焦げ目のついた

資生堂のクッキー。

 

焼き菓子なら

泉屋のクッキー。

 

どちらも

缶のデザインも素晴らしく

クッキーが袋に一つづつ

包まれていないのもいい。

 

3日。

大阪の新世界で出会った

品のいい饅頭。

 

昭和の香りのする

甘党の店のウィンドーに

ひっそりと行儀良く並んだ

桜餅と鹿の子。

私は心の中で小躍りした。

 

塩漬け桜葉の香りに

はんなりと淡いピンク

あんこはこしあん。

 

鹿の子の小豆の甘さ

中のこしあんのきめの細かさ。

金箔の粉なぞ振られてはいない。

 

丁寧に作られた

これらの饅頭は

1個90円。

 

饅頭にも

良心がある。

 

__________________________

甘党「三好」

  大阪 新世界 通天閣本通り

 

広告を非表示にする