読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シャクナゲ(石楠花)

f:id:URURUNDO:20170501234234j:plain

午後2時

 

住む人が

いなくなった家へと続く

山の坂道。

 

そこを

十歩程上がった所。

 

ミツバツツジ

淡いピンクの花が

群れているその奥に

シャクナゲ

たっぷりと豊かな花をつけている。

 

このシャクナゲの事を

村の誰かに話すとしよう。

 

「ああ、あれはな・・・」

と、話は続くに違いない。

 

どこそこの家の角の柿は甘柿。

あの山の裾に沢山の実をつける

木いちごの木がある。

黄色い実だ。

関電の鉄塔に続く山道では

松茸が採れた。

タラの芽はあの杉林の裏。

葉ワサビは・・・

 

覚えきれない程のそういった話。

 

冬場に食料が不足した

当時の知恵の名残りなのか。

 

今聞くそんな話は

懐かしさと郷愁に

変わってしまった。