読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

鯖のなれ鮨

雑感

f:id:URURUNDO:20170309003836j:plain

 

大雪注意報が出た8日。

 

吹雪く中

90才のショータさんがちょっとした用事で

自転車に乗りやって来た。

 

お願い事がある時は

必ずお土産持参だ。

 

「鯖のなれ鮨」

 

このなれ鮨を語り出すと

長い長い物語になるので

かいつまんで言うと・・・

と言っても長くなる。

 

ショータさんが若い頃。

弟のマサオさんと徒歩で山を越え

毎年、福井県小浜まで鯖を貰いに行った。

その頃の福井は捨てる程鯖が獲れた。

背中に担げるだけ担ぎ

又、山の中の細い「鯖街道」を歩いて帰った。

 

その鯖の腹を割り、たっぷりの塩をし樽に漬ける。

鯖から水分が出たら取り出し

ご飯と山椒の葉っぱを腹に詰め込む。

 

綺麗に洗った樽に隙間なく鯖を積んで

醗酵すれば出来上がり。

 

動物タンパク質の不足する冬の保存食。

 

奥さんが亡くなられた後

ショータさんは鯖のなれ鮨を

「ミッドタウン」の小さなスーパーで買う。

 

醗酵した鯖もご飯も

熱いご飯や酒の肴に

説明しがたい美味さだ。

 

「ごちそうさま」

広告を非表示にする