読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Destination 

f:id:URURUNDO:20170201234319j:plain

 

青い空を東から西へ

まっすぐな雲を従えて

飛行機が飛んでいく。

一日に何回も。

 

どこの空港から飛び立ち

どこの街に降りるのか。

 

飛行機の中でキャプテンが話す

destination」という言葉は

旅をしているんだという

実感がわく。

 

そして目的地である行った事のない街へ。

その街を飛行機の窓から見た時の感動。

 

それは摩天楼のてっぺんであったり

白い教会と白い木の家の村であったり

赤い土の砂漠であったり

煙った様な淡い緑の浅瀬の海であったり。

 

春になったら旅に出ようか。

在来線の電車に乗って海沿いをのんびりとか

飛行機に乗ってカウリスマキの国とか

妖精の住む緑の小さな島国とかね。

 

飛行機雲を眺めていると

私の頭の中には

世界地図が広がってしまう。

 

広告を非表示にする