読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

浅川マキ「夜が明けたら」

美術・本・映画・音楽 雑感

f:id:URURUNDO:20161225000729j:plain

1970年 アルバム「浅川マキの世界」


深夜のラジオで五木寛之

浅川マキの事を話していた。

 

1960年代の終わり頃。

金沢の五木寛之の所に

大きなスイカを持って石川県在住の浅川マキが現れた。

 

「東京へ行って一曲レコードを出したがヒットしない。

どうすればいいだろうか」

浅川マキが五木に尋ねる。

五木が浅川マキにどう言ったのか?
最初で最後の出会いだった。

 

その後、浅川マキは「夜が明けたら」でヒットを飛ばす。

 

1970年に買った

浅川マキのLPレコード「MAKI」は

西陽の熱で歪んだ。
ステレオで聴く事が出来なくなった

歪んだレコードは捨ててしまった。

ラジオから流れて来た「夜が明けたら」
心が震え揺れる。
時がフラッシュバックした先には

笑ったり、怒ったり、泣いたり、悩んだりしていた頃の

若い私がいた。

アマゾンで調べるとCDになっていた。
懐かしい曲の数々。
クリックしたのは言うまでもない。

私の心を揺さぶる歌「夜が明けたら」
聴いて下さい。

______________________

「それはスッポトライトではない」