読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

冬至と小豆粥

f:id:URURUNDO:20161222005021j:plain

午前7時40分

 

明日から

日の入りが少しずつ遅くなる。

冬はこれからなのに

気分は踊る。

明るさとはいいものだ。

 

冬至に食べる

カボチャと小豆粥。

 

炊飯器で炊いた

小豆粥は

淡いピンクと

ほんのりとした小豆の香りに

塩ひとつまみのやさしさ。

 

f:id:URURUNDO:20161222010208j:plain

今日会った人達は皆

小豆粥とカボチャの話をする。

 

粥の中に

団子を「放る」と言い

その団子も「足付き」のがあったり。

 

狭い地域なのに

少しずつ違う小豆粥。

 

街から来た私は

シンプルな小豆と米の粥。

 

「お味は?」

胃にも心にも沁みましたよ。

 

 

広告を非表示にする