読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

渋柿のその後

f:id:URURUNDO:20161220003354j:plain

 

酒屋のシゲオさんから

一週間程前に貰った渋柿

 

「もう捨ててしまおうか」

と、思う程

シワシワになった柿を

半分に切り

皿に乗せた。

 

美しい深い柿色。

 

スプーンで

果肉をすくう。

 

とても柔らかいのに

しっかりした感触が

スプーンから伝わる。

 

固いめのゼリー。

濃密な甘さ。

 

時を得て

渋い柿は甘い柿に。

 

「おいしかった」

 

 

広告を非表示にする