f:id:URURUNDO:20161216001942j:plain

午前7時半

 

カーテンを開けると

雪だった。

 

私が寝ている間に

音もせずに

暗い空からしんしんと

降っていたんだね。

 

白い粉のスプレーを吹いた様に

装った葉の落ちた

木の枝、枝。

 

水をたっぷりと含んだ雪は

太陽が顔を出すと

溶け始める。

 

今日は

週に一度の大津行き。

 

四駆に入れて

川に落ちない様に

そろりそろりと出かけよう。

広告を非表示にする