紅い実

f:id:URURUNDO:20161121003052j:plain

家の前の崖に

小さいのに存在感満載の

紅い実が。

 

朝から降り続く小雨をまとって

雫となり

それはまるで

夜店のりんご飴の様だ。

 

晩秋の

しっとりとした空気の中で

「かわいい」としか言いようのない

名前の知らない紅い実。

広告を非表示にする