読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

輝く野原

f:id:URURUNDO:20160722233455j:plain

 

   山の向こうに

   太陽が隠れると

   すっと空気が

   冷たくなる。

 

   干している梅干を

   家の中に入れなくては。

 

   鈴をならすように

   ヒグラシが鳴いている。

 

   まだまだ明るい

   夏の夕方の

   輝く野原。

 

広告を非表示にする