読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

和束(わづか)

雑感 自然

f:id:URURUNDO:20160717093658j:plain

7月16日午後2時

 

亡くなった姉の49日の法要で

京都の南、和束のお寺に行った。

 

開基が7世紀という小さなお寺が

茶畑の山のてっぺんにあった。

 

茶畑の間の細い急な坂道。

夫も、姉の家族も慎重にのろのろと車を進める。

 

到着して

「うわー、大変だー!」

 

f:id:URURUNDO:20160717095515j:plain

 

遥かに見える山並み

山を覆う茶畑。

 

「こんないい場所で、いいお天気の日に

 姉を見送る事が出来るのは嬉しい」

と、不信心な私でさえも思う。

 

下の姉が

21才で亡くなった兄の事を最近よく思うと言う。

とても悲しいと。

 

私は

父が亡くなった時、母が亡くなった時も

淡々と死後の後始末を素早く済ませた。

思い出すと悲しみがこみ上げて来るの怖いからだ。

 

法要を済ませ

笑いながら思い出を語る。

 

それが一番だと私は思っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする