花山椒

f:id:URURUNDO:20160424223112j:plain

山椒の花と若葉

 

「あのな、わしは何もする事がないから、サンショの花と葉っぱを摘んでこんなもんを作ったんや。

よかったら食べてくれるか?。いらんかったら捨ててくれ」

と、集落の88歳の男性が、大きなタッパーにたっぷりの佃煮を詰めて下さった。

 

おじいさんの料理だからと侮ってはいけない。

この集落で有名な料理上手なのだ。

 

「去年もいただきましたよ。おいしかった〜。ご飯が進みます」と私。

 

 

f:id:URURUNDO:20160424224023j:plain

 

   小さな山椒の花と若葉。

   それを一つ一つ、一枚一枚摘んで

   醤油と砂糖と酒で炊いて煮詰めた力作。

 

   食べ過ぎると口の中がハーハーするが

   炊きたてご飯の上にのせ

   昼も夜もご飯のお供。

 

   おいしい、おいしい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする