信長の皮のはかま

f:id:URURUNDO:20160321224231j:plain

(図書館から見る) 

   

   あの山のてっぺんに

   山城の跡がある。

 

   資料館はその山の麓。

 

   そこのスタッフが

   「登るんだったら、熊除けの鈴をならしてね」

   「この間も登った人がいたけど、杉がじゃまして

   下が見えなかったと言ってましたよ」とか言う。

   私も友達も登る気が失せてしまった。

 

   この資料館に

   信長のはかまが展示されている。

   ベージュの皮製で、もんぺの様なデザイン。

   信長って、こんなに小さな人だったの?

   と思う程の小さなはかま。

 

   資料館から歩いて数分の所に

   「信長の隠れ岩」なる物もある。

 

   戦国時代に

   この小さな村を

   歴史上の人物が行ったり来たり。

 

   なんだか

   楽しいではないか。

 

 

 

広告を非表示にする