記憶

f:id:URURUNDO:20160302234207j:plain

(午後4時30分)

 

ひとひらの 細い白い

おだやかな ほのかな雲が

風に吹かれて 大空を行く。

目をふせて 感じるがいい。

喜びに満たされた あの雲が

その白い涼しさで 

おまえの青い夢の中を 過ぎて行くのを。』

 

   春か初夏の気持ちのいい日

   ふと空を見上げた時に

   心に浮かんだ

   ヘルマンヘッセの「白い雲」

 

『ひらひらと月光降りぬ貝割れ菜』

 

   月の光が

   あたりを明るく照らす

   春の夜に

   映像となって心に浮かぶ

   川端茅舎(かわばたぼうしゃ)の句。

 

   高校の現代国語の教科書に載っていた。

   半世紀は過ぎたのに

   ふっと心に浮かぶなんて。

   

   人間の記憶とは

   本当に底なしで不思議なものだ。

 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする