読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勝野(路地)

滋賀

f:id:URURUNDO:20151218005052j:plain

町起こしをしてはいるがそれらしい気配もない。

 

「びれっじ」が唯一の町起こし。

草木染め工房、カフェ等の活動をしているらしい。

 

 

f:id:URURUNDO:20151218005625j:plain

カフェや手作り工房がある「びれっじ」。

街から移住してきた人達がやっている。

 

写真を撮っていたら

「何を撮ってる?、どこから来たのか?、仕事は何をしてるのか?」と身元調査をされた。

私ってそんなに怪しいのか?

 

 

f:id:URURUNDO:20151218010220j:plain

自転車に乗った女性に

「是非、近藤重蔵さんの蟄居跡を見て下さい」と

半ば強引に連れて行かれた大溝陣屋。

 

近藤重蔵さんって誰だろう?

「北方探検をした人。息子の不徳の罪で大溝藩に預けられここで亡くなった」と碑に書かれている。

天保年間の事だ。

 

家は勿論なく、そこは家庭菜園になって、比良山系の山が見えた。

 

 

f:id:URURUNDO:20151218011541j:plain

土蔵と土蔵の間の路地。

ここらあたりの道は碁盤の目になってる様だ。

 

 

   f:id:URURUNDO:20151218012640j:plain

   酒蔵「萩の露」の裏。

  萩の露を飲むたびに、ここを思い出すだろう。

 

  

 

   f:id:URURUNDO:20151218012924j:plain

   朽ちて行くもの、風化して行くもの

  そんな手触り、空気感の美しさ。

 

 

歴史に名を残した沢山の人達も行き来した土地。

今は電車であっという間に通り過ぎる。

 

___________________

JR湖西線近江高島」下車

広告を非表示にする