服が語る

    f:id:URURUNDO:20150818214857j:plain

    (Google画像:グレン・グールド

 

着慣れたウールのコート 

外出時に無意識に手が伸びるハンチングと手袋。

 

今日はこれを着ようとか、靴はこっちだとか考えない。

だのに、かっこいい。

 

あの「グールドのバッハ」を築き上げたグレン・グールドだからかっこいい。 

 

    f:id:URURUNDO:20150819005543j:plain

    (Google画像:アラン・ドロン

 

パリの街角。

カフェの前のアラン・ドロン

 

黒か紺か

ライナー付きのコートだな。

少しふっくらしているもの。

 

ジーンズも靴も履き慣れて

シンプルで少しくたびれたコートと一体化している。

 

若い綺麗な青年が

コートの襟を立て

冬のパリを歩く。

 

マンハッタンのソーホーやグリニッチビレッジ、チェルシーには、こういう男の子はいないだろう。

 

服はその人を語っていると思う。

 

グレン・グールドアラン・ドロンの様な服を着ても、

グレン・グールド」や「アラン・ドロン」にはなれないんだ。

広告を非表示にする