梅干し

    f:id:URURUNDO:20150727004412j:plain

 

私の梅干しのレシピは、佐藤雅子著「私の保存食ノート」によるものだった。

長年のうちに、今は私流に少し変化している。

 

最近の塩辛くない梅干しを好む人には、すこぶる評判が悪い。

 

梅に対して20%の塩。

紫蘇は通常の2倍。

面倒な作業は、干している間のお天気のチェックだけ。

 

紅色に漬け上がった梅干しのおにぎりは、遊びに来る友達の大好物だ。

 

伏流水で炊いたご飯。

少しさましたご飯を、塩をまぶした手のひらにとる。

ご飯の真ん中に紅色の梅干し一片。

三角にしたり、俵にしたり。

海苔を巻いて、お皿に行儀よく並べていく。

 

友達の作る「山形の芋煮風」味噌汁

私の用意したサラダとケーキ。

質素なポットラックだ。

 

おにぎりにパクつき、「やっぱり梅干しはこうでなきゃ」

熱々の味噌汁をすすりながらの、ささやかな幸せ。

 

今年も3キロ、ガラス瓶に紅色の梅干しを詰める事が出来た。

 

          

 

 

広告を非表示にする