又来た時に

f:id:URURUNDO:20150716222818j:plain

 

ソウルから高速バスに乗り1時間。

陶器とおいしいお米の利川市(イチョンシ)がある。

 

陶器店が集まっている陶芸村があり、道路沿いに沢山の陶器工房がある。

 

その中の一軒の陶器店で出会ったお茶碗のセット。

赤土に白化粧の刷毛目。

茶碗の小ささも新鮮で、急須のぷっくりとした形も愛らしい。

欲しい。

でも、このセットを持って帰るのは大変だ。

揺れる心が決断を下したのが「何か一つだけ買えばいい」だった。

今、私の食器棚に収まっているセットの中の蓋物がその「何か一つ」だ。

 

「又来た時に」とその時思った。

 

いくら近い韓国でも、又、行けるチャンスはまだ巡って来ない。

 

 

アメリカのサンタフェ

ネイティブアメリカンが売っていた

何種類かの小さな土器。

欲しい。

「又、来た時に」と、一つだけ買った。

 

あれから25年。

まだ再訪のチャンスはない。

 

広告を非表示にする