拾ったすり鉢

f:id:URURUNDO:20150711221457j:plain

50年程前、トラックに満載の陶器を積んで、瀬戸からこの山奥の村に売りに来ていた。

 

ここらで一番の金持ちの家で「今日は全然売れん。これでは瀬戸に帰れんわい」と陶器屋が弱音を吐いた。

 

すると、金持ちの主人が「全部、置いていけ」とトラック一台分の陶器を買ってやった。

この近辺でのちょっとした語りぐさだ。

 

 

その家の前に、大きなすり鉢が燃えないゴミとして出されていた。

「あの時」の一つかも知れない。

何に使うでもないが、「とにかく貰っとこ」

 

荒い土をロクロで引いて、内側のスジを竹ぐしで付けて、鉄釉のかかった立派な昔のすり鉢。

 

 

家で何十人もの接待をしない今の時代。

不用になってゴミに出されたんだな。

 

さて、捨てるに忍びないこのすり鉢。

野菜でも入れて、もう一度働いて貰う事にしよう。

 

     

     「いいよね?」

 

広告を非表示にする