時は飛ぶ様に

f:id:URURUNDO:20150616182915j:plain

    雪が融けて、

    桜が咲き、

    葉桜の柔らかな緑から濃い緑になり、

    田んぼに水がはられる。

 

    田植えが始まる頃にツバメがやって来る。

    田の水に、空を行く雲が映る。

 

    稲が緑の穂をつける頃突然に、

    ツバメが姿を消す。

    南に旅立ったんだね。

    あの小さな体での長い旅路を思う。

 

    稲穂が黄金色に、

    紅色の桜葉が地面をおおう。

 

    風が冷たくなり、

    朝、カーテンを開けると

    外は明るい雪景色。

 

    また、次の一年がやって来る。

 

    

 

    時の経つのはなんと早いものか。

 

広告を非表示にする