読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

沢の水

f:id:URURUNDO:20170406213239j:plain

 

ネコヤナギが群れている近く

沢の水が落ちている。

 

その音の楽しいこと!

しばし立ち止まり

私は耳を大きくする。

 

まだ

雪の残っている山の村。

 

風の強い日

「おお、寒っ」

と思ったりするが。

 

でも

会う人は皆

「暖かくなったねぇ」と言う。

 

雪で折れた

惨めな姿の木の枝や柵

そろそろ

形を整えなければ。

 

広告を非表示にする

ノラニンジン料理が決め手?

f:id:URURUNDO:20170405223409j:plain

ケンジさん家の馬酔木

 

90才オチヨさん家のお嫁さんは

肝っ玉母さんだと思う。

 

その肝っ玉さんは

この山の村、自然が大好きで

山野草の事もよく知っている。

 

フキノトウも味噌、佃煮にも加工するが

さっと茹でて砂糖をまぶして

冷凍庫に保存。

ケーキに使うそうだ。

 

馬酔木の葉っぱを細かく刻み

炊いた煮汁を

植物にスプレーする。

虫除けの薬。

 

唐辛子、マムシ草の赤い実も

同じ様にして

植物用虫除けの薬。

 

肝っ玉さんが結婚した時

姑のオチヨさんが作ってくれた

ラニンジンの葉っぱの料理。

それが

「どれほどおいしかったか」

 

何十年たっても

嫁姑の中が悪くないのは

この最初のノラニンジン料理が決め手か?

 

肝っ玉さんは

自分の仕事場で

せっせと山野草を加工して

道の駅などに出している。

 

杉の葉茶を見つけた時は

こんなものまでお茶になるのかと

そのアイデアに驚いた。

崖の穴

f:id:URURUNDO:20170404211555j:plain

 

崖にポッカリと小さな穴。

誰かさんのお住まい?

 

雪の日も

雨の日も

月の輝く夜も

この中は暖かくて良さそうだ。

 

枯れ葉を敷き詰めたその上で

「フー、フー」と寝息をたてて

気持ち良さそうに

眠っているの?

誰かさん。

 

穴をじっと見つめる私を

中から見られている気配。

 

「あっ、失礼。今日はこれで」

 

__________________________

f:id:URURUNDO:20170404213912j:plain

『チャックの畑OK fieldsレポート』

 

昨日

友達二人とやって来て

紗の様な布を掛けた。

その後は

バーベキューをしていたよ。

 

広告を非表示にする

ガールスカウトのクッキー

f:id:URURUNDO:20170403002758j:plain

 

フロリダのニック(Nick)の奥さんから

ガールスカウトのクッキーが届いた。

ショートブレッドとミント。

 

去年はニックが送ってくれた。

 

事情があって京都に住んでいた

小学生のニック。

今は46か47か。

 

アメリカに帰って成人し

軍隊でエアフォースのメンテナンスで

軍曹になった。

 

数年前

年金が貰える資格が出来た時

エアフォースを辞めてフロリダに家を買った。

今は大学に行っている。

 

可愛い小学生の娘と

しっかりものの妻と一緒。

 

ずっしりと重い

素朴な味のクッキー。

 

「ありがとう」

 

山間の一日

f:id:URURUNDO:20170402003443j:plain

午後2時

 

見惚れる程の

清らかな川だ。

 

雪解けの

豊かな水の速い流れ。

 

川の深みは翡翠色。

 

石にぶつかれば

それはサイダーの様に

泡立つ。

 

弾丸の様に

川面を真っすぐに飛んできた

カワガラス

直角に曲がって

そのまま弁天谷を遡って行った。

 

キセキレイ

せわしなく飛び交う。

 

季節は春だが

まだまだ風が冷たい

山間の一日だ。

広告を非表示にする

OK fields

f:id:URURUNDO:20170331235245j:plain

今日のチャックの畑「OK fields

 

小雨が降る午後2時

チャックがやって来た。

 

まずは

一番奥の集落

ヤマケンさんの

放し飼い鶏の玉子を2パック

私から受け取る。

 

次は

チャックにとって

とても大事な事を相談にのった。

長い間抱えている問題に

明るい光芒が見えた様に思う。

 

さてその次は。

先日種を蒔き

黒いマルチを掛けて帰ったよね。

 

そのマルチを取り除き

発芽を確かめなければならない。

 

チャックの畑は「OK fields

集落では

まだ誰も種を蒔いていない。

雪の間の黒い土。

 

芽が出るのを

楽しみに待つ私だ。

 

 

そして

ボクの保育園のお迎え。

クラクションを2度鳴らし

ピューッと帰って行った。

 

間に合うのか・・・?

広告を非表示にする

咲いたクリスマスローズ

f:id:URURUNDO:20170330234303j:plain

 

雪の重さに耐えて

沢山の蕾をつけた

クリスマスローズを褒めよう。

 

開いたオフホワイトの花が2個

蕾が11個。

 

背もスラッと伸びて

葉っぱは淡い緑に

うっすらと赤い色。

 

今日も

夕方に2個の鉢を中に入れた。

 

いくら可愛い顔をした鹿でも

冬を耐えて咲いた花を

食べられては悲しいものだよ。